ヒロイズム カリプソ

7月下旬発売予定

Hiroism
ヒロ内藤氏の理想を凝縮させたショートモデル


正確にルアーを投げ込み、イメージ通りのルアーの動きで仕掛けて、より直接的なバスとのやり取りを楽しむ。

従来モデルから-3インチのショート化がもたらす操作性は腕の延長そのもの。

スペック一覧

全機種ベイトキャスティングモデル
SJ1,LJ1は1ピース仕様 SJ2,LJ2は2ピース仕様
ガイド:全機種FujiステンレスフレームSiC-Sガイド採用
(トップガイドのみチタンフレームSiC-S)スパイラルガイドセッティング

開発コンセプト
"Forever Bass Fishing"

直訳すると「永遠なるバス釣り」となりますが、こちらを言い換えますと「素晴らしいバス釣りの世界を将来的にもっともっと面白くしていくために…」というような意味合いを含んでおります。
バスフィッシングは素晴らしいものです。
だから、「楽しんで行ける道具づくりを一緒に創造して行きましょう。」
このワードに賛同して頂いたヒロ内藤氏と共に、HIROismのプロジェクトが進行しました。

HIROism進化の始まりです。

ルアーフィッシングの面白さは、キャスタビリティから始まりますとも言えます。
ルアーを投げたいところに投げれないと、楽しさが半減してしまいます。
特にバスフィッシングに於いては、オーバーハングの下とか倒木の横とかなど・・、
バスが潜んでいそうなスポットにルアーを送り込む事がバスとの距離を縮めるばかりか、
ストライクを得る一番の近道と言えるでしょう。
だから、バスフィッシングにおいてキャスタビリティは重要なのです。

「キャストが決まると何よりもうれしい!」

投げるときにルアーの軌跡、そして方向性がズレないからこそ正確なキャストが決まるのですが、実はロッドを含めた総合的なバランスがあるからこそできる事なのです。
ヒロ内藤氏が長年自信を持ってプロデュースしてきたカリプソは、55(5フィート5インチ)でした。新生HIROismに於いては、52(5フィート2インチ)といったレングスへ変更しました。

ここで『マイナス3インチのアドバンテージ』に関して、ヒロ内藤氏に少し語って貰いました。

今から31年前の1988年に55という長さのロッドを作り出したとき、僕の釣りのスタイルは大きく変わりました。
ストライクは漠然と待つものではなく、創り出していくもの。
そんな100年以上も前に提案されていたジェームス・ヘドン氏の考えに魅せられてルアーへの幅広い操作性に僕がこだわっていたのです。
もちろん、ルアー釣りの流れを考えると、自分の考えているポイントへ正確にルアーを投げ込むことがまず必要不可欠となります。
その上で、そこからストライクポイントへ向けてルアーの演出を行い、仕掛けてバスを誘い出す。
そこからはパワーでの勝負になります。55は僕がイメージした通りの素晴らしさを生み出してくれました。
僕は自分の釣りのスタイルに関しては常に極限を追い求めています。
リールやラインも進化をしていく中、僕は究極のロッドの長さは必ず55を下回っていくと思っていました。
そこで僕は下記の3つのポイントを確認しながら試作ロッドを作ってみました。

1.キャストの精度
2.ルアーの操作性
3.ファイティング時のパワーバランス

結論からすると、マイナス3インチを試したときにオーバーハングの下に投げ込むことが凄くやりやすくなりました。これはキャストの精度がかなり上がってきていることの表れだと思います。
ルアーの操作性に関しましては、低伸度ラインが普及していることもあり、マイナス3インチでさらに細かい動きを作り出すことが出来るようになりました。
結果としてルアーで仕掛けていくときの変化をより幅広く作り出すことが可能になりました。そして、ファイティング時のパワーバランスでは、突発的なランカーバスの走りにもトルク負けを起こすこともなく、瞬時に対応できます。
そして、ハイスピードリールの普及によってバスが手前に走るときのラインスラックに関してロッドの長さでカバーする必要がなくなりました。
ロッドが短くなったことによって、バスのパワーをよりダイレクトに感じることが出来ます。この一瞬がバス釣りの最高の楽しみだと思います。

正確にルアーを投げ込み、イメージ通りのルアーの動きで仕掛けて、より直接的なバスとのやり取りを楽しむ。
マイナス3インチは間違いなくHIROismの世界を広げてくれたと思います。
CALYPSO SJ MODELS
SJモデルでは、100ミリ以下のジャークベイトをより効果的に使うことを基本に考えています。このサイズのルアーに思い通りのアクションを作り出すために、ロッドアクションはエキストラファースト方向に寄せております。 それ故、ポッパーやスイッシャーのみならず、小型のペンシルベイトなどでも思い通りの攻めを実現できると思います。100ミリ以下のミノー他、ポップR(P60)やベビートーピード、そしてスーパースプークJr.などにも最適です。 2ピース・モデルでもバランス設定にこだわり、振り抜けの良さは1ピース・モデルと変わらないようにしてあります。
【適合ルアー:100ミリ以下のミノー、ポップR(P60)、ベビートーピード、スーパースプークJr. 等】
 (ヒロイズム-カリプソ52ライト-スモールジャークベイト1ピース)
ROD No. length weight lure line power action reargrip
length
pack
length
blank
material
tip dia price¥
HIM-C52L-SJ1 5'2" 95g 1/8〜3/8oz 8〜20lb. Light Ex.Fast 140mm 157cm(1pcs) 40+30+24t
Graphite
1.7mm 37,000
+税
 (ヒロイズム-カリプソ52ライト-スモールジャークベイト2ピース)
ROD No. length weight lure line power action reargrip
length
pack
length
blank
material
tip dia price¥
HIM-C52L-SJ2 5'2" 97g 1/8〜3/8oz 8〜20lb. Light Ex.Fast 140mm 82cm(2pcs) 30+24t
Graphite
1.7mm 37,500
+税
CALYPSO LJ MODELS
LJモデルでは何よりも100ミリを超えるミノーをより効果的に動かすためにロッドにファーストテーパーアクションを組み込みながらも、大きめなミノーを引ききるために必要なパワーを持たせています。それ故、このロッドの汎用性も広がり、ザラスプークサイズのペンシルや、ポッパーならばP65やP71、そしてフラホッパーなどだけにとどまらず、障害物周りでのスピナーベイトやシャロークランクなどの機能を引き出す攻めの釣りを展開することが出来ると思います。 2ピース・モデルでもバランス設定にこだわり、振り抜けの良さは1ピース・モデルと変わらないようにしてあります。
【適合ルアー:100ミリを超えるジャークベイト、ザラスプーク、ポップR(P65・P71)、フラホッパー、スピナーベイト、シャロークランク 等】
 (ヒロイズム-カリプソ52ミディアムライト-ラージジャークベイト1ピース)
ROD No. length weight lure line power action reargrip
length
pack
length
blank
material
tip dia price¥
HIM-C52ML-LJ1 5'2" 99g 3/16〜1/2oz 8〜20lb. Medium
Light
Fast 140mm 157cm(1pcs) 40+30+24t
Graphite
1.7mm 38,000
+税
 (ヒロイズム-カリプソ52ミディアムライト-ラージジャークベイト2ピース)
ROD No. length weight lure line power action reargrip
length
pack
length
blank
material
tip dia price¥
HIM-C52ML-LJ2 5'2" 106g 3/16〜1/2oz 8〜20lb. Medium
Light
Fast 140mm 82cm(2pcs) 30+24t
Graphite
1.7mm 38,500
+税
関連動画

スペック
グリップ:ハイグレードコルクグリップ。リールシートにはFuji PMTS(パーミングマイクロトリガーシート)採用。

スパイラルガイドシステム
HIROismでは、バッドガイドの一つ上のガイドから順番におおよそ30度回転しながら180度向きを変えた位置に先端のトップガイドとセカンドガイドがくるように設定されているガイド設定です。
ランカークラスとの勝負でも、ラインとブランクの接触が回避されると同時に思い切ったパワーフィッシングを楽しむことが出来ます。
また、トップガイドとセカンドガイドの位置によってルアーの直進性が担保されており、オーバーヘッド、サイドキャスト問わず、違和感ないキャストフィールを実現しています。


フェルール(SJ2,LJ2):1pcsモデルと遜色ない使用感を実現するオーバーフェルール。スパイラルガイドの角度を適正化するため、ホワイトのマーキングライン入り。
ガイド:全機種Fuji・ステンレスフレームSiC-Sガイド採用。トップガイドのみチタンフレームSiC-Sガイド採用
全機種スパイラルガイド仕様でセッティング